--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
01.01

描画用の油について ( オイルの種類)

Category: 技法
1.オイルの種類

絵の具に含まれる色の成分のことを「顔料」といいますが、それを糊などで画面に固着させるというのが絵の具の原理です。溶き油を使って、顔料をキャンバスに固着させるから「油絵」というのです。
では、それらの主だったものを見てみましょう。

?乾性油
色の成分である「顔料」を固着させる「糊」にあたるのが「乾性油」で、主な乾性油としては、亜麻の種より搾油精製した「リンシードオイル」と、ケシの種より搾油精製した「ポピーオイル」があります。
リンシードオイルの方がやや乾燥が早く、乾燥塗膜が強じんである反面、乾燥すると黄変しやすいと言われています。淡色を多用される方など黄変(油焼け)をきらう人は、ポピーオイルを使われることが多いようです。
その他にも、サフラワーオイル(紅花油)がありますが、乾燥力、黄変性はポピーオイルとほぼ同等です。

リンシードオイル



ポピーオイル





?揮発性油
油絵の具のうすめ液のようなもので、時間とともに揮発するので画面に残りません。乾性油に混ぜて、筆の走りを良くしたりするのに使います。       
主な揮発製油には、松やにから精製された「テレピン」や、石油系の「ぺトロール」などがあります。


テレピン(ターペンタインとも言う)



ぺトロール




?ワニス
固体の樹脂を溶剤などで溶かしたもので、その性質によって光沢の調整や、絵の具の固着を良くするために使ったりします。油絵で使われる主な樹脂に、「ダンマル樹脂」と「コバール樹脂」があります。

「ダンマル樹脂」は軟質で揮発性油に溶け、その溶液は、画面のつや出しや画面の保護、透明感の増幅などの目的で使用されます。使う目的によって樹脂の量を調整したり乾性油を加えたりして使います。画面保護用に「タブロー」、加筆修正用に「ルツーセ」描画用に「バンドル」などと使いわけます。作品完成後に塗る「タブロー」は、画面保護とつや出しの効果があります。画面が完全に乾燥してから、やわらかい筆で均一に塗ります。


タブロー(画面保護用)



ルツーセ(加筆修正用 )



バンドル(描画用)




「コーパル樹脂」は、硬いものなので揮発製油では溶けず、乾性油にいれて高温で加熱して溶かし
ます。
「コーパル樹脂」を主成分のワニスでは、ルフラン社の「フラマン・シッカチーフ」というものがあります。「フラマン・シッカチーフ」には、リンシードオイル、コーパル樹脂溶液に一酸化鉛(乾燥促進効果がある)を微量に加えたもので、筆さばきが良く、光沢があり、堅牢で、乾燥を速める効果があります。



2.溶き油について

さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ溶き油について書きましょう。

これから油絵を始められる方は、市販の調合されている溶き油を使うといいでしょう。市販されているものを少し紹介すると、ホルベイン社製の「ペンチングオイル」や「ルソンバン」、クサカベ製の「ネオペインティングオイル」などがあります。

どう違うのかというと、ホルベインの「ペンチングオイル」は、乾性油にリンシードを使っています。それに対して、「ルソンバン」、クサカベの「ネオペインティングオイル」はサフラワーオイルを使っているんですね。乾性油のところで解説しましたが、リンシード油をベースにしている「ペンチングオイル」の方が乾燥がやや早いように思われますし、色味も多少黄色味が強く思います。どちらも使っていますが、使ってみた感じはとても良好で違いはそんなに変わらないです。好みで選んでみてください。


ペンチングオイル



ルソンバン



クサカベ ネオ・ペインティングオイル





「溶き油」と聞くと、はじめは絵の具を薄める物と感じたかもしれませんが、実際には画面に固着させる働きのあるものや、絵の具の伸びを良くしたり、ツヤの調整、画面の保護など用途によってさまざまなものがありましたね。
顔料を画面に固着させるための「乾性油」、伸びを良くするための調整に「揮発性油」、ツヤの調整、画面の保護などのために「ワニス」、これらを混ぜて使っていくのが基本です。

油になれてきたら、実際に調合してみたりすると良いと思います。
画家は、好みや画風に応じて、いろいろな溶き油を作っています。いろいろ試しますが、ペンチングオイルの方が良かったなんて思うことだってあります。ですから、むしろペインティングオイルで充分なのかもしれません。ただ、上達するにしたがって、こういった知識が必要な場合がでてきます。

仕上げにワニスを塗るとか、オイルをもっと粘らせたいとか。そういう時に、ここで読んだ知識が、理解の助けとなると思います。




メニューに戻る






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://artschoolehude.blog120.fc2.com/tb.php/20-32ca43d4
トラックバック
コメント
溶き油についてとても勉強になりました。ありがとうございました。
ちいdot 2011.05.31 01:13 | 編集
> 溶き油についてとても勉強になりました。ありがとうございました。
本当はもっと書きたいことがあるのだけど、先生や友人のアイデアもからんでくるとなかなか公開するのは難しくて。わからないことがあれば、個別に聞いてもらえたら、出来る範囲でお答えしますよ
絵画クラブ絵筆dot 2011.05.31 05:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。