--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
01.01

油絵の道具について (ナイフ・腕鎮)

Category: 技法
1.ナイフ
法によっては、ナイフを使って描画したりする場合もありますが、この講座でそのように使うことはあまりありません。
通常は、キャンバスに付着したゴミや絵の具カスなどを取るために使用します。この講座では、うす塗りで筆触を消すような感じで制作していくので、抜けた毛やゴミ、絵の具カスなどの付着物をを取り除き、フラットな画面作りをしていくために使用します。
絵を描き終わり、乾燥までしばらく置いておくと、気を付けていても部屋のホコリなどが付着しています。このまま描くと画面にホコリを埋め込んでいくことになり、まるで雪だるまを作るように、ホコリに絵の具の層が重なって大きな凸凹になっていきます。
そこで、再度、絵を描き始める時は、画面をナイフでなで、ホコリを落とすようにします。意外と多くのホコリが付着しているものです。仕上げの段階になって凸凹になった画面に、細密描写を施すのは骨が折れます。ホコリを取り、うす塗りをし、フラットな画面を作るよう心がけましょう。

ナイフは、ホルベイン製のものが良いです。
ナイフ




2.腕鎮

画面が絵の具でぬれている時、細かな書き込みをする時には、この腕鎮を使用します。腕鎮の上に手をのせることで安定感がグッと増します。市販の腕鎮は高価ですので、わざわざ買わなくても、コーナンなどのホームセンターで角材を買うといいです。細めの、しっかりとしたものでも500円くらいのものです。

このように使います(腕鎮)
腕鎮




メニューに戻る








スポンサーサイト

トラックバックURL
http://artschoolehude.blog120.fc2.com/tb.php/28-237d0689
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。