--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.09

まさかの一筆書き

Category: 未分類
デッサンなどの鉛筆でおなじみ「Faber-Castell社」のCMがすごいと話題になっています。

デザイナーのChan Hwee Chong氏が、ぐるぐると円を描くように渦を描いて行くと…なんとフェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女 (青いターバンの少女)」が出現。

14545_04.jpg


http://blog-imgs-62.fc2.com/a/r/t/artschoolehude/14545_08.jpg14545_08.jpg




彼は、円を描く隙間を調整したり、線の太さに強弱をつけることで色の強弱を付け、この作品を仕上げているんですね。ため息が出るくらい、素敵なアイデアですね!

こちらが完成品です。
eccb37f531e1567a2c51b6340c6a7f3a4eb729151364654928.jpg



円を描きながら一筆書きで仕上げていくわけですから、これはもう、驚きの一言ですよね。だからこそ、完成した作品はもちろん、その過程がCMとしてインパクトを持ち、いつまでも見られ続けるのでしょう。

そういう意味では、CMとして大成功だったといえますね。
アイデアって、ホントにどこから産まれるの?っていいたくなるような、創造的で刺激的な動画でした。
それでは、その動画をご覧ください。







参考:ドイツのCMが神業すぎると話題に ペンをグルグル回して一筆で『真珠の耳飾りの少女』を描く
http://matometanews.com/archives/1489080.html






メニューに戻る











スポンサーサイト

トラックバックURL
http://artschoolehude.blog120.fc2.com/tb.php/52-ecda9ae8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。